日韓関係は、仲直りなど到底無理!もっと大人の対応が必要です。

本当に近隣の国でありながら、関係がよくないのは、

中国、北朝鮮、韓国の3国は、他の国に比べれても異例ですね。

歴史的にも、他の国と認識が違って教育されているので、余計に

難しい面が、多すぎます。

もっと真実の歴史教育をするべきだと強く思います。


日本との首脳会談お断りされた韓国の本音が意外だった!【文在寅・米韓首脳会談・嫌韓・韓国経済・韓国崩壊・日韓関係・ 韓国の反応・韓国制裁 経済制裁・最新情報 ニュース・日韓問題・海外の反応・反日・米国】


韓流ドラマについて


私は、韓流ドラマをよく見ています。

ドラマのシナリオが、日本では、考えられない展開になるから

魅了されるのかもしれません。面白いですね!

しかし、よくドラマのパターンが、似通っています。

恨み、憎しみ、自分の欲の為なら、平気で人を騙す気質

が、非常に多いですね。

これは、長年の歴史に学ぶ事が大切かなと思います。

朝鮮の歴史は、常に中国、日本の支配で、虐げられていました。

特に中国に長い間、親分、子分の関係でいたことは、どうしても

自分の思うようにできない苛立たしさがあったと思います。

その中で、生き延びる知恵として、自分を守る為、人に平気で

ウソをつく習慣がみについたのだと思います。

極論かもしれませんが、長い歴史、又は、ドラマを見ていると

どうもそうとしか思えない憎しみのシーンが多すぎます。


懲用工の問題について


最近日韓関係が、悪化していますね。

元々解決しているのを覆す韓国の態度に呆れてしまいます。

この徴用工については、1939年に日中戦争の悪化により

労働不足の為制定されたもので、当時日本人だった韓国人にも

1944年に施行された制度なのです。

対象は、8万5千人になるそうです。

だから国際法条なんら問題ないことなのです。

しかも1965年日韓協定において、日韓請求権、経済協定で

完全かつ最終的に解決済みなのです。

 


日韓の話し合い解決は?

 

韓国が大人の対応をしない限り無理だと思います。

今、世界から、見放されている韓国、もっとしっかりしなさい

といいたいですね。

過去の日本の植民地時代をもう一度再確認してもらいたいです。


1910年の日韓併合


 それまでの朝鮮とその後の発展を

考えればおのずとわかるはずなのに、どうして憎しみしか

残らないのか不思議ですね。

当時に日本人は、朝鮮人に対して同じ様に接して、

道路、鉄道、水道、農業、工業などのインフラ整備に

一生懸命尽くしました。

それによって人口も増え、社会的にも豊かになりました。

そのような大事な事は、韓国の教科書で、教えないのですか?

本当に不思議です。真実の歴史を教えるべきです。

世界から相手にされず取り残される韓国を見たくありません。


どうしてこのような問題が続くのか?

 

それは、韓国内の内政問題が、解決できず、すべて日本が悪いのだと

得意の反日感情にすり替えている点が、悔やまれます。

 


11/19 「日韓併合」 ~'10.08.28 黒田裕樹の歴史講座

最後までお読み頂きありがとうございます。

応援ポチお願いします。

人気ブログランキング