脳は、自分がイメージしたとおりに動く

ある人から聞いたお話をします。

「私、朝が弱いんです~」


毎朝携帯のアラームが鳴ると「あと5分寝たい」「いや1分でも寝ていたい」


「今日が日曜日だったら良いのに!」


皆さんも経験したことないですか?


「毎日起きるのが、つらい もう少し寝ていたい」


そんな方に朗報です。


たった一言の魔法の言葉が、あるんです。


それは、「あ~よく寝た!」というと朝スッキリ目覚めることができるんです。

「そんなわけないよ」という方が、いると思いますが、


不思議と効果があるんです。「そんなで、出来たら苦労しないよ」

 

といわれるかもしれませんが、


実は、効果抜群なんです。


この言葉を知った時朝、スッキリ目覚める事が出来るようになったのです。

 


脳は、私が、発した言葉 「疲れた~」「まだ眠いよ~」というと


「あ~つかれてんだ」「まだねむいんだ」と判断してしまうのです。


言葉によって人間の脳は、思った通りに行動するのです。


このようにプラスの「思い込み」が作用する心理現象をプラシーボ効果といいます。


例えば、「痛み止めの薬ですよ」と言って本来なにも効能がない薬でも患者さんに投与すると


40人中20人が効果がでたという実験結果があります。


「よく寝た」と思うと脳は、ああ~良く寝たんだと認識するのです。

例え睡眠時間が足りなくてもスッキリと目覚める事ができるんです。


反対にマイナスの思い込みでおきる心理現象をノーシーボ効果といいます。


例えば健康な人108人に「これは、肝機能の障害をおこすかもしれません」

というとなんと18人の人(16.6%)が機能が、おかしくなったと思うのです。


「あ~ダルイ」「ねむい~」「つかれた~」とネガティブな発言を繰り返すと


脳は、ネガティブな日常を引き出します。


ですから、皆さん今日から、ポシティブな言葉を連呼しましょう!

「あ~良く寝た」という魔法の言葉を使って


今日から最高の一日でスタートしましょう!

 

短く深く熟睡する法 (王様文庫)

短く深く熟睡する法 (王様文庫)

 

 


【快眠!!】毎朝 自分の決めた時間にスッキリ起きるられるようになる方法