西郷どん「武士の最後の訴え」

皆さん、こんにちは、歴史大好き沖太郎です。

 

NHK大河ドラマ西郷どん」最終回 皆さんご覧なりましたか?


世界の黒幕もビックリの無血開城【CGS ねずさん 日本の歴史 9-8】

 

敬天愛人」そのまま訳すと天を敬い人を愛す。

 

この言葉、大好きです。

 

日本の新しい未来を築く為徳川の世の中に疑問をもち、江戸城無血開城

 

成し遂げこのまま明治に突入するも、武士の不満は、解決できず、

 

翻弄した西郷は、最後に決断する。

 

武士の最後の訴えが、西南の役だったのです。

 

その時の責任をイッテに引き受け、けじめを付けたのが、西郷だったのです。

 

西郷は、国賊と言われています。靖国神社にも祭れて居ません。

 

しかし、西郷が、悪いのでは、ないと思います。

 

時代の犠牲者だと今、私は、思います。

 

[もうここらでよか。」の西郷の言葉にその人の気持ちが、読めると思います。


「5分で分かる西郷隆盛の感動人生」リアルラストサムライ『西郷どん』の生い立ちに海外が興味津々

 

西郷は、かなり影響力のある人物だったことが、わかります。

 

その証拠に西郷を慕う人物が、命を惜しまず最後まで、城山で戦うという

 

事実は、忘れては、いけませんね。

 

皆さん、西郷隆盛と言う人物をもう1度検証する必要があると思いますね。