あの猪木対アリの試合が凡戦といわれているが実は?

1976年6月26日待ちにまった世紀の戦いがありました。

今から42年前わたしは、高校3年生でした。


CR燃える闘魂アントニオ猪木 最終モハメドアリ戦

どうなるのか?絶対猪木が、勝であろうと期待しました。

しかし、始まってみると、かなりのがんじがらめのルール

による試合、誰もががっかりしたことでしょう。

アリサイドでは、万が一の事があれが、ピストルを用意して

いたと事。非常に緊迫した試合だったことは、わかります。

結果ドローに終わりましたが、この試合は、勝っても

負けてもいけない試合だった気がします。

本当に殺気だった試合だったのです。

 

第6ランドで猪木のチャンスが、あったにも関わらず、

不思議と猪木が攻めない空白があります。

わたしとしては、ハッキリ結着をつけて欲しかった

のは、事実です。