星陵対済美の裏話

こちらをポチしてね。

人気ブログランキング

8月12日の甲子園 星陵対済美のドラマには、素敵な裏話があった。

 

 

 現役の明徳義塾の馬淵監督(62)の立場からみたお話です。

 実は、済美の中矢監督(44)は、馬淵監督の教え子でした。

 試合の前日中矢監督から電話があり「あんまり変なことはせず、普通に

 やれ」とアドバイス

 しかし中矢監督は、ナインに「勝つための最善策

 としてそういう状況が来たら(敬遠)やるよ」と話していました。

 あの有名な「松井の5敬遠」の時のメンバーとして中矢監督もいました。


高校野球1991年夏の甲子園 松井秀喜5打席敬遠 怪物になった瞬間!!

 26年後に教え子が、指揮官として高校野球史に残ることをやってのけた。

「教え子が、勝つのも悪くないな」と馬淵監督は、感慨深げに昨日の試合を

 振り返りました。


5打席連続敬遠 星稜山下、明徳馬淵両監督、松井のコメント

 

【イイ収入ガ】ガイド